岐阜県瑞浪市立 瑞陵中学校
Zuiryo Junior High School
| 地図 | サイトマップ |

・   ホーム
活動紹介
行事予定
リンク

学校紹介

 概要
瑞浪市立瑞陵中学校

〒509-6101
岐阜県瑞浪市土岐町516-3
TEL 0572-68-4191
FAX 0572-66-1053
E-MAIL ryochu@city.mizunami.lg.jp

校長 長谷川 広和
 生徒数
1年生 68名
2年生 64名
3年生 81名
合計 213名

平成29年4月1日現在
 教育目標
『求め鍛えあう』
 校訓
『内観専心』
 生徒会宣言
・伝統の3本柱を受け継ぎ、発展に努める。
・誰もが安心して生活できる空間をつくるために、学校のルールを守る。
・仲間を大切にし、仲間からの声かけに応える。
・休み時間と活動時の切りかえをする。
・自分の行動に責任をもち、迷惑をかけない。
 校歌
1.天徳の 丘辺さやかに
  青雲の 沸きたつところ
  希望呼ぶ われらが母校
  おお瑞陵 瑞陵中学校
  若きもの ここに集いて
  見よ向学の 意気は揚がれり

2.瑞浪の 空は明るく
  自治の鐘 高鳴るところ
  楽しきは われらが母校
  おお瑞陵 瑞陵中学校
  身と心 珠と育み
  見よ友垣の 花も薫れり

3.蛍雪の 練磨重ねて
  大いなる 夢生むところ
  誉れあり われらが母校
  おお瑞陵 瑞陵中学校
  はつらつと共に携え
  見よ国興す 使命担えり

 学校の沿革
昭和36年 瑞浪市立土岐中学校並び明世中学校、統合
昭和38年 新校舎工事竣工
昭和42年 体育館、プール竣工
昭和52年 環境生活活動県一位表彰
昭和56年 県道徳推進校発表
平成2年 記念碑「内観専心」建立
平成5年 コンピュータ教室
平成10年 文部省指定「豊かな心を育む教育推進事業」発表会
平成16年 文科省指定「学力向上フロンティアスクール」公表会
平成19年 人権同和教育「ひびきあい賞」表彰
平成21年 耐震工事及び校舎大規模改修
 いじめ防止
            平成29年度 瑞陵中学校いじめ防止基本方針

1.いじめ問題に対する基本的な方針
(1)基本理念
 「いじめは、どこでも、いつでも、誰にでも起こりうる」という認識に立ち、本校生徒が、楽しく豊かな学校生活が送ることができるように、また,いじめのない学校を作るために「瑞陵中学校いじめ防止基本方針」を策定し,本校における「いじめ防止のための基本的な姿勢」を示す。
 ○学校、学級内にいじめを許さない雰囲気をつくる。
 ○生徒、教職員の人権意識を高める。
 ○校内に,生徒と生徒、生徒と教員をはじめとする温かな人間関係を築く。
 ○いじめを早期に発見し、適切な指導を行い、いじめ問題を早期に解決する。
 ○いじめ問題について、保護者・地域そして関係機関との連携を深める。
(2)いじめの定義
 本校では,いじめを下記のように定義する。
 いじめとは、本校に在籍している生徒に対して、本校に在籍している一定の人的関係にある他の生徒が行う心理的または物理的な影響を与える行為(インターネ ットを通じて行われるものを含む)であって、いじめを受けた生徒が心身の苦痛を感じているものをいう。
       (平成25年9月28日施行「いじめ防止対策推進法」参照)
(3)いじめの特質
 本校では,いじめの特質を下記のように捉える。いじめはいじめられた者の心の中にある「心の傷」
 @いじめは、目に見えにくいものである。
 Aいじめは、人に相談しにくいものである。
 Bいじめは、いつでも、どこでも、だれにでも起こりうるものである。
 Cいじめの態様は、ひやかしやからかいから犯罪にあたるものまで多種・多様 におよぶものである  。
 Dいじめられる側とそれ以外の者の認識に違いがあることが多い。
 Eいじめは複雑化・深刻化すると人の命に関わる。
(瑞浪市「いじめ『克服』のために」参照)
(4)いじめの克服
 本校では,いじめを克服するために,下記の内容を大切にする。
大切にする心構え
 正面から向き合う 複雑化・深刻化させない 早期発見・早期対応・早期解決
いじめを克服するための8箇条
 @いじめは見えにくいものが多いということを心得る。
 Aいじめの訴えがあれば,いじめと考えて対応する。
 Bいじめられた側に寄り添う。
 Cスピード感をもって,具体的な対応の手を打つ
 D学校として組織的に対応する
 Eいじめ対応の基本はいじめる側への指導である
 F犯罪行為には警察等と綿密な連携をとる
 G解決した後も引き続き見守る
(瑞浪市「いじめ『克服』のために」参照)

2.いじめの未然防止
(1)児童生徒に対して
 本校では,日頃から,生徒へ「いじめをしない・許さない」という心を育てる指導を下記のようにすすめていく。
 ○生徒一人一人が認められ,お互いを大切にし合い,学級の一員としての自覚 をもてるような学級  づくりを行う。また,集団生活のルールや人としてのマ ナーを守る規範意識を醸成する。
 ○生徒一人一人が,自分の居場所を感じられるような学級経営に努め,生徒と の信頼関係を深め  る。
 ○わかる授業を行い,生徒に基礎・基本の定着を図るとともに,学習に対する 達成感・成就感を育  てる。
 ○生徒が自己実現を図れるように,子どもが生きる授業を日々行うことに努める。
 ○道徳の時間や学級活動での指導を通して,思いやりの心や生徒一人一人がか けがえのない存  在であるといった命を大切にする心を育む。
 ○生徒が「いじめは決して許されないこと」という認識をもてるよいに,さま ざまな活動の中で指導   する。
 ○「見て見ぬふりをすることは,いじめをしていることにつながる」こと「い じめを見たら先生や友達  に知らせたり,やめさせたりする」ことの大切さを 指導する。その際「知らせることは決して悪いこ  とではない」ことも併せて 指導する。
 ○いじめに関する講話を行い,学校として「いじめは絶対に許されない」とい うことと「いじめに気づ  いた時は,すぐに担任をはじめ,周りの大人に知せ る」ことの大切さを生徒に指導する。
(2)学校全体として
 学校全体に「いじめをさせない・いじめを見逃さない・いじめを許さない」という風土をつくりあげていくために,教職員は以下の基本姿勢を大切にする。
 ○教員が「いじめは決して許さない」という姿勢をもっていることを、さまざ まな活動を通して生徒に  示す。
 ○いじめに関するアンケート調査を学期に1回実施し、その結果と生徒の様子 の変化などについて  教職員全体で共有する。
 ○いじめ問題に関する校内研修を行い、いじめについての本校教職員の理解と 実践力を深める。
 ○生徒会活動の1つとして,いじめ防止に関わる取り組みを行う。
 ○いつでも、どこでも,誰にでも,相談できる体制の充実を図る。
 ○生徒や保護者からの話を親身になって聞く姿勢をもつ。
 ○いじめの構造やいじめ問題の対処等、いじめ問題についての理解を深める。 特に、自己の人権  感覚を磨き、自己の言動を振り返るようにする。
 ○問題を抱え込まないで、管理職への報告や学年や同僚への協力を求める意識 を持つ。
 ○瑞浪市「セルフチェック24」を活用し、職員個々のいじめ問題対応の関す る意識を常に高く保て  るようにする。
(3)保護者・地域に対して
 保護者や地域に対して、「いじめを見逃さない・ともに考える」という協力体制をつくるために下記の  基本姿勢をとる。
 ○授業参観や保護者研修会の開催、HP、学校・学年だより等による広報活動 により、いじめ防止  対策や対応について啓発を行う。
 ○生徒が発する変化のサインに気づいたら、学校に相談することの大切さを伝 える。
 ○いじめ問題の解決には、学校・家庭・地域の連携を深めることが大切である ことを学校だより、   授業参観日の道徳の授業、評議員会等で伝えて、理解と 協力を依頼する。
 ○情報機器を活用する場合のルールやモラルについて啓発や研修を行い、ネッ トいじめの予防を  図る。
(瑞浪市「いじめ『克服』のために」参照)
3.いじめの早期発見
いじめを早期発見するために下記の方策をとる。
 ○日常の学校生活(授業、休み時間、給食の時間、部活動、掃除の時間、学校 行事、登下校時等  )で、特に気をつけて生徒の動きをみるチェックポイント を決め、全教職員で問題の早期発見に心  がける。
 ○家庭や地域での生活で、特に気をつけて児童生徒の動きをみるチェックポイ ントを決め、内容を保護者や地域の指導者に知らせ、早期発見のための連携 を密にとる。
 ○定期的にいじめアンケートを実施し、実態を探る。
 ○学校は、本人や保護者のいじめ問題の訴えを共感的な態度で受け止める。
 ○学校は、クラブの指導者や地域の人々からのいじめの情報を誠意をもって受 け取る。
 ○教師は、いじめは常に存在するという危機意識をもって生徒に接する。
 ○教師は、いじめに関するどんな噂も聞き逃さないよう生徒に接する。
 ○教育相談を実施し,生徒の悩みの把握に努める。
   (瑞浪市「いじめ『克服』のために」参照)
4.いじめの早期対応
いじめ発見後,早期対応するために下記の方策をとる。
@管理職への報告
 ○緊急事態の意識をもち、報告を最優先する。
 ○管理職(校長・教頭)へ報告する。
 ○情報提供者に迷惑がかからない配慮をする。
A対応体制の確立
 ○校長(教頭・生徒指導主事)を中核に、事案に応じて柔軟な対応体制を確  立する。
 ○事実関係把握までの手順・役割分担・内容を、個人名レベルで明確にし、  確実に把握できるようにする。
B事実関係の把握
 ○聞き取るべき内容・留意すべき内容を確認する。
 ○被害者・加害者・関係者(観衆・傍観者)を個別に、できるだけ同時進行  で行う。
 ○聞き取り途中での情報集約をし、ズレや秘匿を極力減らして、全体像を把  握する。
C対応方針の決定
○被害者の安全や保護を最優先にし、緊急度を確認する。
 ○いつ・誰が・どのように対応するのかを決め、全教職員に周知し、迅速に  対応を開始する。
(瑞浪市「いじめ『克服』のために」参照)
5.いじめの確実な解決
いじめを確実に解決るために下記の方策をとる。
@被害者・保護者に対して
 ○徹底して被害者の立場に立って対応する。
A加害者・保護者に対して
 ○いじめを行った動機や気持ちにしっかりと目を向けさせ、加害者の今後の  生活についても前向きに取り組ませる。
B観衆・傍観者に対して
 ○いじめは被害者と加害者だけの問題ではなく、周りの者の態度によって助  長されたり、抑止されたりすることを指導する。
CPTAや保護者・地域との連携
 ○周囲の多くの大人たちにも危機感をもち、温かい目で連携して見守るとい  う意識をもてるように  する。
               (瑞浪市「いじめ『克服』のために」参照)
6.校内体制
 いじめを未然防止し、早期発見・早期対応・早期解決するために校内体制を下記のように整える。
@校務分掌に「いじめ防止委員会」を位置づける。構成は、校長、教頭、生徒 指導主事、養護教諭、スクールカウンセラーとする。
A役割として、本校におけるいじめ防止等の取組に関することや、相談内容の 把握、児童生徒、保護者へのいじめ防止の啓発等に関することを行う。
Bいじめの相談があった場合には、当該担任を加え、事実関係の把握、関係生 徒・保護者への対応等について協議して行う。なお、いじめに関する情報に ついては、生徒の個人情報の取り扱いに考慮しながら、本校の教職員が共有 するようにする。
C学校評価においては、年度毎の取組において、アンケート調査、教職員の評 価等を行い、その結果を公表し、次年度の取組の改善に生かす。
7.教育委員会をはじめとする関係機関との連携
 関係機関との連携については下記の内容を大切にする。
@いじめの事実を確認した場合の瑞浪市教育委員会への報告、重大事態発生時 の対応については、法に則して、瑞浪市教育委員会に指導・助言を求め、学 校として組織的に動く。
A地域全体で、「いじめは絶対に許されない」という認識を広めることが大切 であるということから、PTAや地域の会合等で、いじめ問題など健全育成 についての話し合いを進める。
 アクセス
瑞浪市立瑞陵中学校
〒509-6101
岐阜県瑞浪市土岐町516-3
TEL 0572-68-4191
FAX 0572-66-1053
E-MAIL ryochu@city.mizunami.lg.jp
© Zuiryo Junior High School